すっっっっぱ!!!!

「うめ!」「め!!」「あった!」
「うわぁー!まってー!」「うめー!!」
すっっっっっっっっっっっぱ!!!!!!
「つめた~い!」
絵本を真剣に見ています。

お散歩マップを見つけると、サッサと帽子、靴を持って園庭に出てお友だちと手をつなぎ、「○○ちゃんここいきたいの!」ビックリするくらいの速さでお散歩に出掛ける準備が万端な子どもたち。そんな子どもたちの姿から近くの公園へ行く事にしました。「わ!ダンゴムシだ」「きゅうりできてるね~」とお散歩途中でも色々な発見がありとっても楽しそう。「あ!みて!」と何やら見つけた様子。「わぁ!うめだ!」上を見上げてみると、”梅まつり”の梅の写真が載った大きな看板が立てかけてありました。「うめだね~」と看板を見ながら歩き進めると・・・ころっと何かが転がりました。「わぁ!なに?」と地面を見てみると、そこには沢山の梅の実が!「やった~うめだ~!」「いっぱいだね~」と宝物を拾うかのように、手いっぱいに梅を抱え込むと「みて~」とにっこり嬉しそうな子どもたち。手から零れ落ちそうな梅を抱えて一生懸命袋に入れようとしますが・・・・コロコロと転がり落ちる梅に大苦戦。「まってー!」「よし!つかまえた!」と何度も落としながらも、袋いっぱいに梅が集まると「うめいっぱいだね~」と大満足。その後も梅が見つけるたびに「うめあった!」「こっちにもある!」と梅拾いに夢中な子どもたちでした。そんな姿から梅を使ったクッキングが出来るよう準備してみる事にしました。子どもたちが拾った梅を使いたかった所でしたが、少し傷んでいる物もあった為、今回は保育士が収穫した梅を使って梅シロップを作る事にしました。梅シロップ作りに必要な瓶やリンゴ酢、氷砂糖、梅を準備すると「これなに?」「コーラ?」「つめたいの?」と未だ謎に包まれた材料たちをじっと観察していました。
少し味見が出来るようにとリンゴ酢を少量お皿に入れてみると恐る恐るペロリ。すると、あまりの酸っぱさに顔をクシャクシャにしながらびっくり仰天!更に細かく砕いた氷砂糖をパクリと食べてみると「おいしい!」と子どもたちの面白い表情がたくさん見られました。味見をした後は、早速瓶に材料を詰めていきます。瓶の中を真剣に見ながら、梅や氷砂糖でパンパンになると梅シロップの完成。コロコロ転がしたり、中をじーっと観察しながら梅シロップが飲める日が待ち遠しい子どもたちでした。




前の記事

あら!お似合いですわ。

次の記事

真剣!!
「きょうのようす」一覧ページへ