ゆき

雪に触れ「わぁ~!」っと子どもたちから歓声が聞こえてきます。
トレーを用意しておくと・・・雪集めに夢中。
雪が掛かっても楽しそう。
「ゆき、もってきたよ~!」と嬉しそうに運んでいました。
雪を踏んで「ふわふわだぁ~」と感触を楽しんでいました。

前日から降り続いた雪が園庭や園庭遊具に沢山積もっていました。子どもたちは登園し、準備を済ませ園庭の見える窓越しに外を見ていました。沢山積もった雪に興味深げな様子。雪や雪だるま、氷など冬にちなんだ掲示物を準備してみました。雪だるまや雪の写真カードをじーっと見入っています。大きめのトレーを用意し、園庭の雪を集めトレーのなかに入れ、机の上へ。子どもたちは「うわぁ~!」っと大喜び。そーっと触ったり、ギュッと握ったり感触を楽しんでいました。「つめたーい!」なんて声も聞こえてきました。雪に触れたくてみんなで雪の入ったトレーを取り合いになるくらい大人気。そんな姿から園庭へと出てみることに・・・沢山積もった雪を両手ですくって「みて~、いっぱい」と見せに来てくれたお友だちがいました。両手に抱えた雪、どうするのかな~?っと見ていると「それーっ!」と言いながら投げていました。投げた雪がお友だちに掛かったのですが、掛かったお友だちも「やったなぁ~!」と楽しそうに雪合戦が始まりました。みんな雪を手にニコニコ。冷たさもなんのその!の様です。プランターの上に積もった雪にも触れ「わぁ~!ふわふわだ~」と・・・。園舎の横に積もった雪の上を歩いて「あしあとついた!」と様々な発見があった様です。大人にとっては頭を悩ませる雪ですが、子どもたちにとっては楽しい玩具。握ったり、丸めたり、投げたり次々と楽しい展開になり、見ていて雪の日もいいな~と感じ、子どもたちの楽しそうな声と笑顔溢れる充実した1日でした。




前の記事

生クリームのお髭

次の記事

ちょっきん!
「きょうのようす」一覧ページへ