おにのつの!?

午後のおやつのおにまんじゅうのクッキングにばなな組さん中心に挑戦しました。水にさらしたさつまいもを「これ、なに?」「りんご!」「じゃがいも!」と不思議そうに見ていました。なかなかさつまいもと分かりにくかったようです。さつまいもそのものを見ると「やきいも!」「さつまいも!」と嬉しそうな声が聞こえていました。
慎重に真剣な表情で包丁を使って、さつまいもをカットします。少し固さを感じながら、力の入れ具合を工夫してカットしていました。「ねこのてやで。」と左手の置き方を工夫する声も聞こえていました。
泡だて器を使ってお友だちに支えてもらい、混ぜ合わせました。「おもい!」「まだ、こなのところがある!」「ここにみずいれる?」と相談したり協力して、混ぜる作業を楽しんでいました。「いいにおい!」「もうたべたくなってきちゃった。」と楽しい声も聞こえてきました。
バランスをとって、足をあげて「だれがいちばんながくできるかな?」と競争しました。「おっとっと・・」「フラフラする!」「いーち、にー・・・」手を広げながら、頑張っていました。
一月のお誕生日のお友だちのお誕生会に参加した後、お買い物へ出かけました。「〇〇くんやんな!」とお誕生日のお友だちに声をかけたり「おかし、かいにいけるかな?」と楽しみにわくわくする声も聞こえていました。

今日は、鬼まんじゅうのクッキングに挑戦しました。「やったー!」「めろんさんじゃないんやな。」と喜びながら、クッキングの切ったり、混ぜる工程を楽しみました。「なんで、おにまんじゅうっていうんやろ?」との疑問も生まれていました。角切りにしたおいもが鬼に似ているので・・・との由来があるようですが、子どもたちの中では想像力豊かに「おいもがつのにみえるんじゃ、ない?」と長いさつまいもを頭の上にあててみて角に見立てて友だちと一緒に「そうや!」と喜び合う姿が見られました。焼き芋で食べる事が多かったさつまいもは、皮がないとなかなかさつまいもと浮かばなかったようで、水にさらしたさつまいもを見て「なにこれ?」「りんごかな。」とじっくり見て考えていました。どの工程も喜びながらクッキングを楽しむと、「いいにおい。」「はやく、たべたい!」と出来上がりを楽しみにしていました。スプーンでタネを一つ一つカップに流していくと、「これぐらいかな。」と量を調節したり、「おいも、うえにのせてみよ」と一粒一粒そーっと丁寧に上にのせていました。おやつの時間にはたくさんの「おいしい!」が聞こえていました。今月の避難訓練を行うと、頭にも口にも手を当てながら真剣な表情で避難しようとする姿が見られました。「いこう!」とお友だちと一緒に不安そうにすることなく、避難する事ができました。




前の記事

おんなじ~!

次の記事

今日のお散歩♪
「きょうのぼくとわたし」一覧ページへ