わぁ~!とんでるじゃ~ん。

「わぁ~!とんでるじゃ~ん!」
「どんなお顔になってるかなぁ~?」
「はい!どうぞ!」
全速力。
「あがってる~?」と見ているお友だちに聞きながら一生懸命、走っていました。

「わぁぁ~!!」っと子どもたちの歓声がお部屋に響いています。なになに?と子どもたちの声が聞こえるところへ行ってみると・・・掲示してあった凧が窓から入ってくる風に吹かれフワフワと飛んでいました。子どもたちから「たこ、とんでるじゃ~ん!」「わぁ~!すご~い」と聞こえてきます。掲示物の中には鬼に関する物も沢山あり、それを手に取って「おに~のぱんつは~♪」と歌っているお友だちもいました。以前に鬼のイラストの目の部分をくりぬきゴムを付けると顔に当てて楽しんでいたので今日はカラーの鬼のイラストをラミネートし、目の部分をくりぬき、毛糸で髪の毛、ゴムも付けバージョンアップ。保育士が準備をしていると子どもたちは傍へとやって来てじーっと見入っています。毛糸を使って髪の毛を付けていると「こわいじゃん!」「かみのけ、モシャモシャだね~」「やりたい!」色々な声が。出来上がった鬼を机の上に並べてみました。2歳児の子どもたちは顔に当て、くり抜いた目の部分から覗き込んでいます。どんなお顔になっているのか?見たかったのでしょう。鏡を探しに行き、持ってきて見入っていました。そんな姿に1歳児の子も真似っこ。なんとも面白い姿でした。2歳児の子どもたちは鬼のお面を園庭へと持って行き「おにだぞー!」と言いながら追いかけっこへと展開。お部屋で風に吹かれ揺れる凧やビニールの凧も用意してみました。「やったー!やりたい!」「たこあげする~!」と、子どもたちは元気です。凧を手に全速力。今日は風もあり、いつも以上に凧は高く上がり、みんな大喜びでした。




前の記事

にょろにょろ~
「きょうのようす」一覧ページへ