明日でお別れだね・・・

「最後のお散歩やな!」「走っていこう!」とみかん山で坂道ダッシュ!!「もっと走っても全然疲れん!」「こっちの日陰涼しい~」と気持ちのいい風を感じている姿がありました。
河原田神社の前の綺麗な桜並木でお花見をしながらお散歩をしました。「かわいいピンクいろやな」「花びらがどんどん散っていくな~」「桜って葉っぱになるんや」と葉桜の緑色を葉っぱを見て気付く姿もありました。
「これイチゴちゃう?」「めっちゃイチゴに見えるんやけど」「種がすごいぶつぶつしとるからざらざらするー!」「匂いはあんまりしやんけど・・・」と発見した野いちごの匂いや形をじっくり観察していました。
「小学校行けますように」「大きくなったらお花屋さんになれますように」「明日お天気になりますように」と河原田神社でたくさんお願いごとをしていました。
「はじまりはじまり・・」優しく紙芝居をみんなに読んでくれました。小さい子たちもめろん組さんの紙芝居を読む姿に夢中で真剣にお話しを見ていましたよ。

「今日で最後やんな」「もう明日になったら僕たちとお別れやで」とお友だちとのお別れを寂しく思っていたり、お散歩の出発前、園庭の遊具を見ながら「今日で遊べるの最後やな!」「ジャングルジムありがとう!」「プールはお泊まり保育のお風呂になったよね」と園庭の遊具の思い出を語ったていました。神社やみかん山でも「小学校が遠いからもう来れやんでな」「ありがとう~ありがとう~」と歌いながら歩いていたり、神社の前の桜並木では「めっちゃ桜が降ってくる~」と両手いっぱいに桜の花びらを集めて「桜のはなびらふるころはランドセルの!一年生~」とフラワーシャワーをしながら”さよなら僕たちのほいくえん”の歌をうたって楽しそうに歩いていました。歩いている道中も話したい事がたくさんあるめろん組のおともだち。「おおきくなったらな本当はケーキ屋さんになって、卵が好きだからたくさん割りたいの」「私たち午年やから馬みたいに走るの速いんやで!」と面白いいろんな会話も聞こえて来ました。
長いようであっという間に保育園生活も最後の日となり、明日は待ちに待った、ワクワクドキドキの卒園式ですね。保育園での楽しかった思い出やたくさんの経験や体験を胸に自身を持って、もっともっと成長していってもらいたいと思います。




「きょうのぼくとわたし」一覧ページへ