雪の雲はどんな雲?

「雪の雲って、雨の雲と違うの?」「どんな雲かな?」天気や雲の写真では、どんな雲なら雪が降るのかな?とじっくりと見ていました。
”つらら”や”しもばしら”にも興味津々に見ていました。
折り紙やはさみを使って雪の結晶作りです。色々な折り方や切り方でオリジナルの雪の結晶を作っていました。
「”み”あった!」「もっとたくさん取りたい!」カルタでは真剣勝負!真剣に文字を探していました。
ラキューでは”恐竜”や”ウサギ”等、思い思いに形を思い浮かべながら組み合わせていました。

「雪が降ってきたよ!」朝から雪が降っていることを嬉しそうに教えてくれるお友だち。雪を手の平で掴むと、「ちょっと、冷たいね。」と雪の冷たさを楽しんで感じていました。季節の絵本では雪や氷のページを見つけると、「お家の屋根から氷が伸びてる!」「もっと雪降ったら、こうなるのかな?」と”つらら”や”しもばしら”の写真にも興味を示してどうなったら冷たく凍るかな?とお友だちと考えていました。雪だけでなく、氷等にも興味が広がっていました。
他の机ではカルタ遊びを楽しんでいました。ばなな、さくらんぼぐみさんはだんだんとひらがなも知っている文字が増えてきて、「あった!」と嬉しそうな声がたくさん聞こえてきていました。りんごぐみさんは最初はお姉さんたちのカルタの様子をじっと見ていましたが、「これは、なんて読むの?」「これ、〇〇ちゃんの”み”だ!」と興味の持った文字を聞いてみたり、また自分の名前等で知ってる文字があると、カルタを手に取り、じっと形を見ていました。りんごぐみさんも生活や遊びの中で文字を読んでみたり、書いてみようとする姿が少しずつ出てきています。




「きょうのぼくとわたし」一覧ページへ