履かせてあげるよ

いないいないばあをしてにっこり。はやくばあ!として欲しくて手をほどきに行こうとすると、ばあ!とお顔が見えてびっくり大笑い。しばらく2人でやりとりを楽しんでいましたよ。
よーいどん!の掛け声と共に走り出しました。何度も楽しんでいるうちに子どもたち同士でよーいどん!と掛け声をかけたり、スタートの体勢で待つ姿などが見られました。大股歩きやスキップのように小刻みにステップを踏んだりして色々な歩き方で楽しみました。
側溝と石を合わせて出る音を楽しんでいました。玩具がなくてもすぐに身の回りの物を発見して玩具に変身。石の取り合いもありましたが交代しながら音を色々な方法で試している姿がありました。
記憶にも新しい雪を見て「ゆき!ゆき!」と嬉しそうにする姿がありました。どんな遊びをするのかな?と問いかけると「しゅーする」と声が聞こえてきました。経験したことを思い出したのかな?
小さい子が困っているとすぐに駆け寄って助けてくれました。

大型絵本を用意しました。大きな絵本に子どもたちは興味津々です。体の絵本ではみんなと同じくらいの大きさで目を丸くして見ていました。自分たちの体の部位を触りながら当てっこしながら楽しみました。また、記憶にも新しい雪のお話もしてみると「しゅーする」と、ソリ遊びでしょうか、経験したことを思い出したように話してくれました。最近の子どもたちはたくさん言葉も増えてきてお友だち同士の会話が盛り上がっています。「大きくなったらプリンセスになりたい」や、「大きくなったらポップコーンを買うの」など楽しいお話たくさん聞かせてくれます。
外でかけっこ遊びをしていた時も最初は保育士がよーいどんと合図をしていたのですが何度も繰り返すうちに子どもたち同士で合図をかけあって走ったり、スタートの姿勢で準備したりしている姿が見られました。子どもたちの声にはそっと静かに耳を傾けていきたいですね。




次の記事

キーーック!
「きょうのぼくとわたし」一覧ページへ