「きゅうり?」「ちがうよ。なすなす。」

絵本を読むとじーっと投げめているいちご組さん。たまに動作のある場面があるとにこにこ笑顔で真似っこをしたり、こんにちわっと頭を下げる仕草を見せてくれます。
「きゅうり!きゅうり!」「あー。見て見てなすなす。」「ちがうよ。これはなす。」と指を差しながら野菜に興味津々なようでお友だちと畑に出来ている野菜はなんなのかを話し合っていました。
実っているトマトに興味津々で包丁で切ってみて、トマトの断面図を見て見ましたよ。切ったトマトを手に取ってみて目に近づけて見ていましたよ。
断面図からこぼれ落ちてきた種に興味津々で触っていましたよ。種の周りに何かついているのをまな板に擦り合わせると、中かもう一つ小さな種が出てくると「これなに?」「みて!これみて!」と大興奮で話をしていましたよ。

今日は園庭に散歩に行きましたよ。園庭をぐるっと一周して畑の近くに行くと、「あーなんかなっとるよ~!」のお友だちの声に合わせて一斉に畑に足が向く子ども達。畑の観察をしましたよ!「きゅうり、きゅうり!」「ちがうよ~。あーこれはなすなす~。」「なすなすあったよ~。」とナスが生えているのに興味津々で、実を触って見ていましたよ。ナスの他にもプチトマトがたくさん実っているのをみると「トマトがいっぱい!」「みてみて~いっぱいだよー!」と終始大興奮で話をしていましたよ。畑に落ちていたプチトマトを拾うと、とても大事そうに抱えていたのでお部屋で観察をして見る事にしました。包丁とまな板を準備するとしてプチトマトを半分に切ると中からじゅるっとした種がこぼれました。まずは実に興味を示し、まな板に置かれた状態で観察。「ぷつぷつなにこれ?」とじゅるっとしているので初めは触るのを戸惑っていた子どもたちも一回触って見ると平気になったようで、恐る恐るも触って見ていました、じゅっるとしたものがつぶすと取れて中から更に小さな種が出てくると面白いのか何度もつぶしてみる姿がありました。切ったトマトの香りを嗅いでみる子もいて、鼻辺りに近づけている子も居ましたよ。トマトを半分に切るときは「おおおおーーーー!」と大きな声を上げていたりとトマトの観察は大盛り上がりでしたよ。




前の記事

飾り作りに挑戦!
「きょうのぼくとわたし」一覧ページへ