せかいのくに☆

国旗パズルが大人気でめろん組中心に挑戦する姿がありました。何度も挑戦している子は「もうな、だいぶできるようになったんやで!」と話していました。
バングラデシュと日本の国旗がよく似ている事に気がついたようで、「このくにとにっぽんよくにてる。」「なまえはぜんぜんちがうのにねぇ・・・」「このみどりいろのほうはばんぐらでしゅっていうくになんやって」とカタカナで書いてある国名も読んでお友だちに教えていました。
よく使っている積み木も他の遊び方がたのしめるように遊び方が載っている説明書も一緒においておくと「へぇこれってこんな、あそびかたもできるの!?」「わたしもやってみたい!」と写真をみながら「こうかな?」「あーくずれた!」「こっちつくってみようかな?」と色々考えながら試して遊んでいました。
数字の表を見つけると「1ばんが〇〇ちゃん。」「2ばんが〇〇くん」と同じチームのリレーメンバーの名前を言っていました。さくらんぼぐみさんも他のおともだちのビブスの番号も覚えていました。

今日は朝から雨だったため室内で過ごしていました。「きょうも、こっきのぱずるしたい!」と話す姿があり準備すると「こっきいちらんのひょうもほしい!」と国旗に興味が高まっているようです。以前、国旗を描き写していたお友だちが「きょうもつづきしたい!このまえ、かいてないくにかきたいからさー」と早速「どのくににしようかな」と一覧表を見ながら決めて描き写していました。「このこっき、にっぽんにめっちゃにてる」と同じ紙に2つの国旗を描いて近くにいたお友だちにも「みて!どっちがにっぽんでしょうか?」と問題を出していました。子どもたちが楽しんでいる積み木を他の遊び方で楽しめるように説明書をおいておくと「これ、こんなあそびかたできるの?」「やってみようかなー」と説明書の写真をじっと見て実際に遊び始め「むずかしいけどおもしろい!」と夢中で楽しむ姿がありました。さくらんぼさんが数字の表を見て「1ばんが〇〇くん」「2ばんは〇〇ちゃん」とビブスを着ている子の名前を順番に言っていく姿があり、同じチームのおともだちのこともしっかりと覚え始めているようです。




前の記事

ままごとトントン

次の記事

「なにしとるんかな?」
「きょうのぼくとわたし」一覧ページへ