どのアリさんかな?

「アリさんいたよ!」「どのアリさんかな?」テラスにいたアリはどの種類のアリかな?とみんなで図鑑と見比べて探していました。
「バッタもこっちにいた!」「ちょうちょもどれかな?」アリの他にも園庭にはたくさんの虫と遭遇しました。虫を見つける度に、図鑑で調べていました。
おはじきの紐通しでは真剣な表情が見られました。上手に紐に通せると、「かわいい!」とブレスレットに大変身!にこにこ笑顔でお友だちと見せあっていました。
虫の大型絵本に夢中です。「てんとうむしは、いなかったね。」「また捕まえよう!」お友だち同士の会話も盛り上がっていました。
すいかぐみさんは園周辺にお散歩へ行きました。彼岸花や雀を見つけると、「あ!あ!」と嬉しそうに指をさしていました。

テラスへ出ると、「きょうも、アリさんいるかな?」と人工芝の下をそっと覗くお友だち。「アリさん、おったよ!」とアリを見つけると、嬉しそうにじっと観察をする姿がありました。そこで、虫の図鑑をそっと近くに置いてみました。「アリさん、あるかな?」「あ!テントウムシもおる!」と図鑑のページを楽しそうにめくっていました。アリの載っているページを見つけると、「アリさんいっぱい」「このアリさんとちゃう?」とたくさんの種類が載っているアリから、保育園にいるアリはどれかな?とお友だちとお話しして探していました。また園庭に行くと、バッタやチョウチョも見つけました。「バッタも、つかまえる!」「どれか、しらべよ!」と図鑑をたくさん使って虫を調べていました。
お部屋では紐通しを楽しみました。最初は2歳児のお友だちを中心に遊んでいましたが、その姿を見ていた1歳児のお友だちも「やりたい!」と真似をして挑戦する姿がありました。「むずかしい。」「いっぱい、できた!」「ここに、いれるんだよ。」と紐通しに苦戦しているお友だちがいると、それに気がついたお友だちが”ここに通すんだよ”と優しく教えてあげる微笑ましい場面もありました。
すいかぐみさんは園周辺のお散歩に行き、雀や彼岸花を見たりと、涼しい風を感じながら、秋の自然をたくさん楽しみました。




次の記事

負けないぞ!!
「きょうのぼくとわたし」一覧ページへ