でてくるかな~?

よ~いどん!
イガイガ
われるかな~?
よいしょ!
ぶら~ん

どんぐりや栗の写真を準備してみると・・・「うわぁ!」「どんぐりだ~!」と興味津々の様子。ある一人のお友だちが「どんぐりころころ~♪」と歌い出すと、周りにいた他のお友だちも直ぐに反応して皆で大合唱!そんな姿から、どんぐりや栗を実際に探しに行こう!と、靴を履いて帽子を被っていざお散歩に出発。お友だちと手を繋ぎ「おさんぽたのしいな~!」と楽しげに歩いていました。広い場所についたので、「よ~いどん!」どうなるのかなぁ?と思いながらの声を掛けてみると、一斉に走り出した子どもたち。広場の端から端まで何度も行ったり来たり・・・みんな素敵な笑顔を見せながら走っていました。しばらくすると、地面に落ちている栗の殻やどんぐりを見つけた子どもたち。「あぁ!」「なんだこれ!?」「なんかあるよ?」としゃがみ込んで見ている姿がありました。保育者が栗の殻を触って「いたっ!」と手を引いてみると、子どもたちも一緒になって手を引いて心配そうに見ていました。でも何とかして触りたい様子。指先で摘まもうとしてみたり、踏んでみたり苦戦中。やっとの思いで栗の実を中から取り出すことが出来ると「わぁ!見て!」と目を輝かせ大喜びの姿がとても可愛らしかったです。どんぐりも沢山落ちていて、手にいっぱい握りしめて夢中になって拾い集めていました。その後公園に行くと、平均台や丸太などを見つけ一目散に走り出した子どもたち。平均台では落ちないように慎重に・・・横歩きで慎重に進むお友だちもいれば、果敢にスタスタと進んで行くお友だちもいました。沢山遊んで走って疲れた帰り道・・・少し足取りが重くなっている様子もありましたが、2歳児クラスのお友だちがリードして最後まで一所懸命歩く事が出来素敵でした。




前の記事

おばけだぞ~

次の記事

うわぁー!
「きょうのようす」一覧ページへ