うわぁー!

容器に糊を準備すると、「さん、にー、いち!」と自分で掛け声をかけながら、蓋を開けて「うわぁー!」と嬉しそうな様子。
少しずつ糊を付けながら上手にハロウィンの塗り絵を貼り付けていました。
「よーい!」掛け声をかけると、走る準備万端です。
「ぐーちょきぱーで!」普段の保育士の真似をしているようで、上手に手遊びをしていました。
あとついた!

かぼちゃや、こうもり、あめなどハロウィンにまつわる塗り絵を準備してみました。たくさんある塗り絵を見ながら「これは、おばけ」「○○ちゃんあめちゃんにしよ~」と口にしながら自分で選んでいました。色を塗るときにも、塗り絵の紙からはみ出るほどダイナミックに色をつけたり、筆圧が強くなってきたことで濃くかけるようになってきて、力一杯に色を塗って楽しむ姿がありました。
子どもたちの目の前で糊の用意をすると、「わぁー!」とわくわくした表情の子どもたち。容器の中に糊をいれると、その様子を見て「おちたね!」とお友だちと話したり、「たべたらあかんな!」と糊を使う時の注意点にも気付いているようでした。糊を数個の容器に分けて、活動している子どもたちの傍に置いておくと、「あ!これする!」とすぐに気付いた様子。「さん!にー!いち!」と掛け声をかけながらそーっと容器の蓋を開けると、「うわぁー!」と糊を見て嬉しそうです。のりを少し指先につけると、「かぼちゃは、これ」「こっちにもつけよ~」自分たちで描いたハロウィンの塗り絵を貼り付けながら楽しんでいました。
前日の雨で少し濡れていた地面。水たまりに足をつけると、足跡ができていく様子がおもしろかったようで、何度も足を付けては走ってと繰り返して楽しんでいました。




前の記事

でてくるかな~?

次の記事

ナゾの生物、発見!!
「きょうのようす」一覧ページへ